全ての安全ソリューションを見る

  • 製品カテゴリ
  • 製品用途
  • 製品ブランド
製品保証

製品保証

製品保証

この文書は、A-SAFEの唯一かつ排他的な保証につき定めるものです。商品性や特定目的適合性に関する黙示の保証など、その他の全ての保証は、書面または口頭によるか、制定法上のものか、明示的または黙示的かを問わず、A-SAFEにより排除され、販売条件から除外されます。この保証は、譲渡不能であり、買主に限り利用可能です。

A-SAFEは、A-SAFEが製造し、A-SAFEやその正規販売店が販売する全ての製品に原材料および製造品質上の欠陥がないことを、納品日から24か月間保証します。この保証期間中、製造上の欠陥を原因とする不具合が認められた場合、当社は無償修理するか交換するかを自ら判断して実施します。

A-SAFEの製品データシート等の正規資料に記載された組立、設置、保守、安全に関する全ての指示に従って使用されている製品に限り、この保証が適用されます。

改造が施されていないオリジナルの原材料と仕上げ状態のみが、この保証の範囲に含まれます。事故、衝撃、不適切な管理、過失、通常の損耗を原因とする損傷や、経年や長期の使用により自然に生じた色褪せや原材料の破損を原因とする損傷は、この保証の範囲には含まれません。

公差

防護バリアの長さ: A-SAFEのバリアシステムは、モジュール設計となっているため、バリアの全長と指定寸法との間に、1メートル当たり±25ミリメートルの誤差が生じる場合があります。

真直度: 組立てと設置が正確に行われた場合、レールの狂いが1メートル当たり5ミリメートルを超えることはありません。

ずれ(ギャップ): 床面が平坦でないこと、傾斜に設置したこと、水平でない床に設置したことが原因で、目に見えるずれ(ギャップ)が生じる場合があります。組立てと設置が正確に行われた場合、ずれが5ミリメートルを超えることはありません。

バリアの高さ: 床の状態や製造上の公差が原因で、バリアの高さに1メートル当たり±25ミリメートルの誤差が生じる場合があります。

製造上の公差: 全てのレールの外径と内径は、±0.5ミリメートルの公差で製造されています。壁厚については±0.5ミリメートル、レールの長さについては±3ミリメートルです。

耐衝撃性能

A-SAFEの防護バリアシステムは、PAS 13:2017に記載の試験方法で性能評価(レーティング)が行われています。バリアの耐衝撃性能は、ジュール(エネルギー)という単位で測定されます。A-SAFEのバリアは、PAS 13:2017に記載の制御された試験環境と手法に対して、ジュール値の耐衝撃性能が確保されるように仕様が定められ、製造されています。このことは、最適なバリアシステムの選定に役立ちます。車両の型、速度や重量、ルート、想定される衝突角度、地盤工事、アンカー固定が制御されていない環境下では、衝撃によって損傷が生じないことを保証するものではありません。

温度

バリアの性能は、極端な温度の影響を受けます。摂氏30度超および摂氏-4度未満の気温で作業した場合、バリアの性能はレーティングを下回ることがあります。

退色

耐変色性(Colour fastness)や耐光性(light fastness)という用語は、退色に耐え、本来の色を維持する原材料の能力を定義する際に使われます。原材料を劣化から守るため、UV安定剤が使われています。性能は、次の2つの方法で測定されています。

  1. ブルーウールスケールを使用。スコアは8級まであり、非常に劣っている場合には1級、優れている場合には8級となります。当社の原材料は7級です。
  2. 色差に関しては、グレースケールを使用。スコアは5級まであり、非常に劣っている場合には1級、優れている場合には5級となります。当社の原材料は5級です。

制御されていない環境

試験結果の完全性を確保するためには、試験環境を完全に制御しなければなりません。A-SAFEは、PAS 13:2017に記載され、推奨されているベストプラクティスの手法を採用しています。実際の使用環境は、さまざまな要素により、制御ができません。これらの制御不能な要素は軽減することができず、バリアシステムの場合のそうした要素には以下のものがあります(ただし、これらに限定されません)。

1. 車両と歩行者の動き: 車両の速度や重量、運転手の行動、歩行者の動き、ルートはそれぞれに異なります。実際の使用環境では、これらの要素を完全に制御することはできません。

2. 地盤工事とアンカー固定: 地盤(基礎)の強さ、厚み、堅さは保証することができず、しかも経年劣化します。地震活動、熱、湿気のほか、車両の重量や動きによる通常の老朽・損耗など、変化する環境条件の影響を受ける可能性もあります。地盤(基礎)の特性を100%保証できない場合、アンカーの性能も100%保証できません。

リスクを最小限に抑えるため、引抜試験を実施して基礎の状態を検証し、最適なアンカーシステムの選定に役立てることができます。地盤(基礎)の強さについてさらなる懸念が生じた場合、A-SAFEは、完全かつ詳細な調査を行う独立調査員の情報を提供することができます。

当社は、A-SAFEトータルケアを通じて少なくとも年1回アンカーの確認を行うことを、最低限のこととして推奨しています。

3. 天候: 日照、気温、湿度、汚染その他の環境要因は、場所によって異なります。どんなに試験を行っても、全ての組み合わせを再現することはできません。さまざまな条件に何度もさらされることで、基礎、アンカー、バリアの性能に影響が生じる可能性があります。

製品保証の延長

安全のためには、正確な施工と保守が不可欠です。それによりお客様のバリアが最大限に機能することが約束され、お客様の保証が有効に存続します。A-SAFEトータルケアソリューションを通じて、防護バリアの状態を検証し、お客様の保証を延長することができます。トータルケア保守ソリューションには、シルバー、ゴールド、プラチナの3つのレベルがあります。

  1. シルバーレベルは、1回限りの検査サービスです。
  2. 衝撃や事故が生じた後、A-SAFEのバリアの状態を確認し、必要な修理を明らかにします。
  3. 施工がA-SAFEの認定施工業者によって行われたものでない場合に、A-SAFEのバリアシステムが適切に設置されているか否かの確認を行います。
  4. ゴールドレベルは、年1回の保守・検査サービスです。A-SAFEのバリアと施工の状態を確認し、必要な修理を明らかにします。
  5. プラチナレベルは、年1回の拡張版の保守・検査サービスです。ゴールドレベルの内容に加えて、PAS13:2017に従いバリアの適用と施工を見直します。

推奨された修理を完了させることを条件として、A-SAFEトータルケアにより、保証を毎年最大60か月間延長することができます(トータルケアの詳細については、A-SAFEの担当者にお問い合わせください)。

施工保証

A-SAFEの施工保証は、製品保証が有効に存続していることを確認し、バリアが正確に施工されていることを約束します。A-SAFEでは、お客様のバリアの施工にあたり、バリアを正確に組み立て、適切なアンカーを正確に設置し、推奨されるトルク設定で締め付けを行います。通常の使用下では、施工保証は12か月間有効です。事故、衝撃、不適切な管理、過失、通常の老朽・損耗を原因とする損傷や、経年や長期の使用により自然に生じた色褪せや原材料の破損を原因とする損傷は、含まれません。年1回の検査と推奨される保守がA-SAFEの認定施工業者によって実施された場合、A-SAFEトータルケア保守パッケージにより、施工保証を最大60か月間延長することができます。

賠償責任額の限度 

この保証に基づく、製品に関連する賠償責任額の上限は、買主が製品やサービスに関して支払った金額とします。A-SAFEやその正規販売店は、事業機会の喪失、使用機能の喪失、利益の損失、逸失利益、契約機会の喪失、収益の損失、信用やブランドの喪失や毀損、貯蓄見込額の損失、データやデータ使用の喪失、製品リコールの費用、評判の毀損、または派生的、特別、間接損失もしくは損害につき、責任を負いません。

ウェブサイトのユーザーエクスペリエンス向上のため、私たちは匿名化されたGoogle AnalyticsとGoogle Adwordsのレポートを用いてサイトのトラフィックを管理しています。このサイトの閲覧を続けることで、貴方のデバイスにCookieが蓄積される可能性があることを了承いただいたものとみなされます。詳細は Cookiesポリシープライバシーポリシーをご覧ください。